タイムレコーダーで退勤管理のメリット

リアルタイムで把握できる!

多くの企業ではタイムレコーダーを使用し、給与計算や労働時間を把握する際に、タイムカードの打刻時間を集計して勤怠管理を行っている企業も多いのではないでしょうか。社員数が少ない企業では印字タイプのタイムカードでも集計等は可能ですが、100人を超えるたくさんの社員を抱える企業で勤怠管理を行うには印字タイプのタイムカードでは時間がかかってしまいます。そこで現在ではICカードなどで打刻し、パソコンに打刻時間が記録されるシステムにすることで、リアルタイムで正確な労働時間を把握できるだけでなく、指定日数での各部署の勤務状況を集計する事ができます。不正打刻が話題となった今、正確な勤怠管理が今後重要になり、このようなシステムを導入する事が大切です。

ネットワークを利用し管理を集約できる!

ネットワークが重要となっている今、クラウドを使用した勤怠管理システムを導入している企業も増加しています。たくさんの拠点を持つ企業ではそれぞれの拠点でそれぞれ勤怠管理システムを導入して管理しなければなりませんでした。ですが、クラウドを利用した勤怠管理システムはタイムレコーダーで各拠点を繋ぎ、1つのパソコンに情報が集約され、リアルタイムに各拠点の社員それぞれの勤務状況を確認することができます。IT化が進み、コスト削減、経費削減と言われていますが、できる限り勤怠管理を簡単に、かつ少人数で管理できることで勤怠管理に費やす時間を他の時間に充てる事ができ企業の発展に繋がります。ただし、ネットワークを利用する際にはセキュリティ対策は充分に注意が必要です。