正確に退勤を記録したいならタイムレコーダー

タイムレコーダーを使わないと正確な勤怠管理は難しい

正確に勤怠管理を行いたいのであればタイムレコーダーの導入が効果的です。個人が勤怠管理システムに自分で入力する方法であったり、管理職が退社時刻を確認して入力する方法の場合、記録が正確にとれない場合があるからです。従業員の勤務時間は基本的には会社に在社している時間全体を指すため、例えば退社時刻を記録してから何らかの事情により勤務を行った場合、その時間が誤差となってしまいます。また、朝は定時時間から出勤していると思い込んでいたら、実は定時時刻よりかなり早い時刻から出勤していた、ということも無くはありません。このような誤差は微小であれば問題にならない場合もありますが、その時間幅が大きかったり頻度によっては後で大きな問題となってしまうのです。

効果的な勤怠管理システムの導入

上記の通り、勤怠管理を正確に行うためにはタイムレコーダーの導入を行い、従業員が会社に入った時間と出た時間を正確に押さえることが重要です。この時間を確実に押さえることにより、従業員の正確な勤務時間を把握することができ、正しい残業手当の支給や不必要な勤務を抑制することができるのです。ただ、このように勤怠管理システムを正しく運用するためには単純にシステムを導入すればよいというわけではありません。就業規則というものは会社によって異なるため、どのような勤怠データが取れた場合、どのようにアラートを行うかをしっかり定めておく必要があるのです。就業規則で定められているルールと勤怠管理システムを上手く融合させることで、適切な勤怠管理が可能となるのです。