タイムレコーダーは使いやすい?

タイムレコーダーでの勤怠管理はとても便利!

勤怠管理の方法は会社によって様々ですが、とても便利だとして多くの会社で導入しているのが「タイムレコーダー」です。出勤時に自分のタイムカードを差し入れて打刻し、退勤時にも同様の事を行います。わざわざペンを出して書く必要はありませんし、本当に便利です。さらに、このタイムレコーダーと、PCで利用する勤怠管理システムを連携させると、ますます便利になります。打刻された情報を自動的にパソコンで把握できるようになり、勤務時間の把握や給与計算も簡単に行うことが可能です。従業員の人数が多ければ多いほど、この連携は非常に有用な仕組みだと言えるでしょう。このためタイムレコーダーを導入する時は、汎用性があるかどうかも重要なポイントになります。

人気が高まっているクラウド型のタイムレコーダー

タイムレコーダーのメーカーや種類はいくつかありますが、近年着実に人気を集めているのがクラウド型のものです。そもそもクラウド上で行うものなので、タイムレコーダーの機器自体が必要無くなります。タイムレコーダーの管理システムにログインし、出勤時に時刻を入力します。また退勤時にも同様に操作するだけで、勤務時間をしっかりと報告できるわけです。そしてこの情報を給与管理システムと連携させることで、給与計算も簡単にできるようになります。またクラウド型の場合は、社内のパソコンじゃなくても打刻することが可能です。例えば会社に出社せずに直接クライアント先に出向く場合でも、移動中に出勤報告を済ませられます。従業員の働きやすさの面でも、クラウド型はメリットが大きいと言えるでしょう。